News 2015年3月
4/11~CCCにて工作展『戦意喪失!スーパーヨロイ展』開催
ccc_yoroi.jpg徳川家康の没後400年を記念し、駿府城跡すぐ横のCCCで「工作展」メンバーによる家康と鎧をテーマにした展覧会「戦意喪失!スーパーヨロイ展」が開催されます。
闘う者の戦意を失くす「カワイイ」「フシギ」「?」な鎧を、工作展メンバーが創作、展示。
その中心に巨大な「家康用スーパーデコYOROIスペシャル!」が登場!?
オープニング翌日には、スペシャルライブ『今夜はヨロイ!具足でナイト』開催 !
OBANDOS、かせきさいだぁ with 中森泰弘、逆柱いみり、爆音戦隊スンプレンジャーPEACEという豪華な出演陣!
ゆるゆるでアツアツな春の宵をお楽しみください!

■『戦意喪失!スーパーヨロイ展』
【会期】2015年4月11日(土)~ 6月20日(土)10:00ー20:30(日・祝休み)
【会場】静岡市クリエーター支援センター(CCC)2Fギャラリー 静岡県静岡市葵区追手町4-16
【入場料】無料
【参加アーティスト】工作展メンバー:朝倉世界一、安齋肇、白根ゆたんぽ、しりあがり寿、高橋キンタロー、薙野たかひろ、なんきん、パラダイス山元、ミック・イタヤ(五十音順)
【ゲスト先生】橋本麻里(ライター・エディター) 


■関連イベント1
工作展メンバーとみんなで作る『家康用スーパーデコYOROIスペシャル!』

工作展メンバーと一緒に、今回の展示の目玉となる巨大な「家康用スーパーデコYOROIスペシャル!」を制作。当日のお手伝い募集!

【日時】2015年4月11日(土)13:00ー16:30(予定) ※一般公開制作
【場所】静岡市クリエーター支援センター(CCC) 2Fギャラリー 静岡県静岡市葵区追手町4-16
【仕事内容】制作補助、展示サポート、片付けなど。
【対象】大人(18歳以上、どなたでも)
【待遇】4月12日(日)開催「今夜はヨロイ!具足でナイト」に無料ご招待。※報酬・交通費の支給はありません。
【募集人数】20名程度(要予約・先着順)※申込はオフィシャルサイトからお願いします→
※開催時間、内容は都合により変更される場合があります。


■関連イベント2
『今夜はヨロイ!具足でナイト』

パフォーマンスライブやゲスト先生と出演者のディープな戦国トークが炸裂のスペシャルライブ!
 
【日時】2015年4月12日(日)OPEN / 17:30|START / 18:00|CLOSE / 22:00頃(予定)
【料金】予約/¥1,500(1ドリンク付) 当日/¥2,000(1ドリンク付)
【場所】ICN space 〒420-0035 静岡県静岡市葵区七間町5-8 ミライエ七間町2F
【出演者】OBANDOS(工作展メンバー)、逆柱いみり(漫画家/静岡市在住)、かせきさいだぁ with 中森泰弘、爆音戦隊スンプレンジャー(静岡市葵区のローカルヒーロー)
【ゲスト先生】橋本麻里(ライター・エディター)
【定員】70名(※予約制・先着順)
【予約】2015年3月9日(月) AM 10:00より受付開始。※定員に達し次第終了。
※開催時間、内容は都合により変更される場合があります。

2015.03.22 UP
3/25 新刊『アレキサンダー遠征』発売
ArekisandaEnsei.jpg月刊コミックビームに足かけ5年に渡り描き続けた意欲作、怒濤の単行本化第3弾! (第1弾=『黒き川』、第2弾=『ノアの阿呆舟』)
シリーズ最大の問題作、単行本解放!

ひとつの雑誌連載で、3つの異なる長篇を断続的に発表し、途中で掲載された短篇(『あの日からのマンガ』他に収録)なども取り込みながら、
すべてがひとつに収斂していく…そんなアクロバティックな長篇連載作として、一部で大きな話題となった多重螺旋アンチロマン、ついに佳境!
ノアの阿呆舟』と同時発売!

■『アレキサンダー遠征』(ビームコミックス)
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
著者:しりあがり寿
発売日:2015年3月25日
価格(税込):コミック版 1,058円

Amazonでの『アレキサンダー遠征』ご予約はコチラ→
2015.03.18 UP
3/25 新刊『ノアの阿呆舟』発売
NoanoAhobune.jpg月刊コミックビームに足かけ5年に渡り描き続けた意欲作、怒濤の単行本化第2弾!(第1弾=『黒き川』)
著者の本領が炸裂する、爆笑と虚無感溢れるナンセンス篇!
ひとつの雑誌連載で、3つの異なる長篇を断続的に発表し、途中で掲載されたシリーズ外の読切短篇(『あの日からのマンガ』他に収録)なども取り込みながら、すべてがひとつに収斂していく…
そんなアクロバティックな長篇連載作として、一部で大きな話題となった多重螺旋アンチロマン。
アレキサンダー遠征』と同時発売!

■『ノアの阿呆舟』(ビームコミックス)
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
著者:しりあがり寿
発売日:2015年3月25日
価格(税込):コミック版 1,058円

Amazonでの『ノアの阿呆舟』ご予約はコチラ→
2015.03.18 UP
3/22 東京都庭園美術館でトークショー
TTM.jpg東京都庭園美術館の空間を舞台に、映像、音楽、メディアアートが交差する、TOKYO発の多様なパフォーミング・アーツを紹介する新しいプログラム「TTM:IGNITION BOX(イグニションボックス)」。
 東京、そして世界でユニークな活動を行なっているスペシャリスト4人のディレクションのもと、分野横断的で、ダイナミック、実験的な表現が生まれ、いま、—2015年の東京都庭園美術館(TTM)—は"発火装置"(Iginition box)になります。
しりあがり寿は、トークショーで参加します。

■TTM:IGNITION BOX(イグニションボックス)2015
PROGRAM_B [Sprout]レンズ系とジェネ系の世紀、ふたつの黎明

1st SESSION:「ヴォードヴィルからアニメーションへ」
出演:細馬宏通、しりあがり寿、澤隆志
※2nd SESSION にはしりあがり寿は出演しません。

日時:2015年3月22日(日) 前編/後編15:30–19:00
会場:東京都庭園美術館 新館 ギャラリー2
定員:80名 ※開演2時間前より本館ウェルカムルーム前で整理券を配布します。
入場:美術館入場のチケットをお買い求めください。

庭園美術館のオフィシャルサイトはコチラ→
2015.03.06 UP
3/23〜新作展示 & 3/22トークショー NAP「アートはまわる!」
HoutoKai.jpg作品が回転したり、アートを見ながら街を歩き回る楽しさを味わったり、美術の歴史の輪廻を感じたりと「まわる」をキーワードにしたNIKKEIアートプロジェクト「アートはまわる!」。
しりあがり寿は、日経本社での新作「崩と回」の展示や、制作現場見学ツアーを行います。
また、アートフェア東京会場にてしりあがり寿&日比野克彦氏のトークイベントに出演します。
どうぞお越し下さい!

■NIKKEIアートプロジェクト 2015 春「アートはまわる!」

◆作品展示
しりあがり寿「崩と回」(ほう と かい)
期間:2015年3月23日~4月24日
場所:日本経済新聞社2F SPACE NIO(平日10時~18時) <住所>東京都千代田区大手町1-3-7
   ※どなたでもご入場いただけるパブリックスペースです。入場無料。

◆制作現場ツアー&トーク
「アートをまわる!~しりあがり寿氏制作現場見学ツアー」
日程:2015年3月10日19時~20時45分(一般応募締め切り済み)
ツアーコーディネーター:金島隆弘氏(アートフェア東京プログラム・ディレクター)
トーク:金島隆弘氏、四方幸子氏 (AMIT(アミット)ディレクター)
(注)トークにはしりあがりは登壇しません

◆トークイベント
「琳派はまわる!~時空を超えるアートの力」
詳細ページはコチラ→
日程:2015年3月22日11時~12時30分
場所:アートフェア東京エデュケーショナルラウンジ(東京国際フォーラム、東京・有楽町)
ゲスト:しりあがり寿(アーティスト、漫画家)、日比野克彦(アーティスト)
モデレーター:小崎哲哉(『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長)

公式サイトはコチラ→
Facebookページはコチラ→ 
2015.03.06 UP
3/20〜アートフェア東京にて新作展示&トークショー
ArtFairTokyo2015.jpg今年で誕生から400年を迎える琳派は、美術だけでなくデザインや様々な分野にまで大きな影響を与えています。
その時代をも越えた琳派のもつポップ性を切り口に、現代日本の多様な表現の中から、9名の作家による軽やかで鮮やかな作品が紹介されます。
しりあがり寿はその作家の1人として、新作のアートを展示します。
関連トークショーもあるので、是非お越し下さい!

■アートフェア東京2015
特別企画 アーティスティックプラクティス「琳派はポップ/ポップは琳派」

参加作家:金氏徹平/コシノジュンコ/しりあがり寿/染谷聡/中島克子/蜷川実花/山口藍/山本太郎/矢柳剛(50音順・9名)
協力ギャラリー:イムラアートギャラリー/多治見市文化工房 ギャラリーヴォイス/小山登美夫ギャラリー/シュウゴアーツ/東京画廊+BTAP/NODA CONTEMPORARY/ミヅマアートギャラリー(50音順)
関連展示予定作家(周辺ブース展示):ロバート・クシュナー(Yoshiaki Inoue Gallery)
日程:2015年3月20日(金)11:00-21:00
       3月21日(土)11:00-20:00
       3月22日(日)10:30-17:00
場所:東京国際フォーラム 地下2階 展示ホール (東京都千代田区丸の内3-5-1)
入場:チケット情報をご覧下さい→


◆トークショー「琳派はまわる!~時空を超えるアートの力」

日程:2015年3月22日11時~12時30分
場所:アートフェア東京エデュケーショナルラウンジ
(東京国際フォーラム、東京・有楽町)
ゲスト:しりあがり寿氏(アーティスト、漫画家)、日比野克彦氏(アーティスト)
モデレーター:小崎哲哉氏(『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長)

「アートフェア東京」の公式サイトはコチラ→
特別企画「琳派はポップ/ポップは琳派」のページはコチラ→
トークショー「琳派はまわる!~時空を超えるアートの力」のページはコチラ→
2015.03.06 UP
3/11 新刊『黒き川』発売
kurokikawa.jpg足かけ5年に渡り「月刊コミック ビーム」描き続けてきた多重螺旋アンチ長篇ロマン、ついに衝撃の単行本化開始!
未来を託された「最後の少年」は、人々の罪を巡る旅に出る…。
あの日からの憂鬱』と同時発売!

■『黒き川』(ビームコミックス)
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
著者:しりあがり寿
発売日:2015年3月11日
価格(税込):コミック版1,058円、kindle版450円

Amazonでの『黒き川』ご予約はコチラ →
2015.03.06 UP
3/11 新刊『あの日からの憂鬱』発売
anoikaranoyuuutsu.jpgあの日からのマンガ』、待望の続編登場!
圧倒的な速度と強度で東日本大震災を描き、ジャンルを超えて衝撃を与えた『あの日からのマンガ』(第15回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞)。
しりあがり寿は、その後も、絶え間なく起こる諸問題に向けマンガを描きつづけている。
朝日新聞夕刊連載4コマ『地球防衛家のヒトビト』に、「福島」へ斬新なアプローチで迫る短篇、紫綬褒章受章を受けて執筆された珠玉の幻想譚など、さらなるバラエティとディープさで、激動の現代日本、その「魂のゆくえ」を描き出す笑いと涙の作品集。
黒き川』と同時発売!

■『あの日からの憂鬱』(ビームコミックス)
出版社:KADOKAWA/エンターブレイン
著者:しりあがり寿
発売日:2015年3月11日
価格(税込):Kindle版 450円、コミック版 799円

Amazonでの『あの日からの憂鬱』ご予約はコチラ →
2015.03.06 UP
バックナンバー
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年01月
2013年12月
2013年10月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月

news トップへ