News 2016年1月
2/4 第19回文化庁メディア芸術祭のラウンジトークに出演
media19_logo.jpg第19回文化庁メディア芸術祭[アート部門]において、しりあがり寿のゆるめ〜しょん作品『Voyage de HOKUSAI(北斎の旅)』が審査委員会推薦作品に選ばれ、関連イベントのトークショーに出演します。
受賞者らの上映し、審査委員らとともに、制作や表現について、トークを行います。
作家による自作の説明が聞ける貴重な機会です。是非お越し下さい。

■ラウンジトーク&ライブパフォーマンス vol.2
 『新たな語りへの挑戦~深化する映像・アニメーション~』

日時:2016年2月4日(木)19:00-22:30 ※開場は開演の30分前から
会場:スーパー・デラックス
料金:無料
定員:250名 ※事前申し込みをオフィシャルサイトにて受付中 →
<第1部>
出演:
Louis-Jack HORTON-STEPHENS(アート部門優秀賞『Gill & Gill』)
KASUGA (Andreas LUTZ / Christoph GRÜNBERGER)(アート部門優秀賞『Wutbürger』)
しりあがり寿(アート部門審査委員会推薦作品『Voyage de Hokusai』)
モデレーター:
石田 尚志(アート部門審査委員/画家/映像作家/多摩美術大学准教授)
小出 正志(アニメーション部門審査委員/アニメーション研究者/東京造形大学教授)
他 ※しりあがり寿は第一部のみ

詳しくは文化庁メディア芸術祭オフィシャルサイトへ →
2016.01.29 UP
2/3〜第19回文化庁メディア芸術祭受賞作品展で『Voyage de HOKUSAI(北斎の旅)』を上映展示
hokusai01.jpgのサムネール画像第19回文化庁メディア芸術祭[アート部門]において、しりあがり寿のゆるめ〜しょん作品『Voyage de HOKUSAI(北斎の旅)』が、審査委員会推薦作品に選ばれました。
フェスティバル開催中の会場で、常時上映展示されます。
是非、会場へ足をお運びになった際は、しりあがりの映像もご覧下さい。

■『第19回文化庁メディア芸術祭 受賞作品展』
会期:2016年2月3日(水)~14日(日)
会場:国立新美術館(東京・六本木)他 ※しりあがり寿の作品上映は国立新美術館

※詳しくは文化庁メディア芸術祭オフィシャルサイトへ →
2016.01.29 UP
『おとぎの国のメメントモリ』発売記念” Twitter連動企画 当選者発表!!
昨年『おとぎの国のメメントモリ』発売にともない、Twitter上にて募集しておりました【しりあがり寿による似顔絵アイコン画像プレゼント】の当選者が決定いたしました。ご応募くださった皆様、ありがとうございました。
当選者は以下のお二人です。

ubico_san(musubiinu)さん 
川の上(kwnou)さん

お二人には、のちほど画像をお送りいたします。
なお、当企画で寄せられた【おとぎの国のメメントモリで好きな話】を集計したところ「はだかの王様」と「天女の羽衣」が同率一位となりました。
企画は終了しましたが、今後もぜひあなたの好きな話や感想をお寄せください。お待ちしております!

2016.01.25 UP
1/23 新連載『技術の進歩は人類を幸せにするか?』スタート!
GetNabi.jpg
家電、PC関連、スマホ、オーディオ、ホビー、ミニ四駆、文具、お酒、食品など扱う、月刊誌「ゲットナビ」(学研マーケティング)の2016年3月号(1/23発売号)で、
しりあがり寿の新連載『技術の進歩は人類を幸せにするか?』が始まりました。
デジタル・家電にまつわるマンガ!
是非、お手に取って
ご覧下さい。

「GetNabi」web はこちら →
「GetNabi 3月号」をamazonでチェック →
2016.01.24 UP
1/16〜展覧会『ドーミエどーみる? しりあがり寿の場合』伊丹美術館で開催
domie.jpg諷刺画で知られる19世紀フランスの画家オノレ・ドーミエは、近代化とともに新しい都市へと様変わりするパリの相貌を活写し、ドガやロートレックなど後進の画家に影響を与えました。
ときに辛辣で、ときに愛すべき日常劇がドーミエの絵から立ち現れてきます。
こうしたドーミエの魅力を再考する試みとして、しりあがり寿が、伊丹美術館のドーミエ・コレクションを基に作品を制作。
しりあがり寿の目にドーミエ作品はどのように映るでしょうか。そしてどのような出会いの化学変化が生まれるでしょうか。
ドーミエの珠玉の作品とともにしりあがり流諷刺画をお楽しみください。

■『ドーミエどーみる? しりあがり寿の場合』

【会期】2016年1月16日(土)〜3月6日(日)※休館:月曜日
【開館時間】10:00-18:00(入館は17:30 まで)
【会場】「伊丹市立美術館」兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-20 tel/072-772-7447
【入館料】一般300(240)円、大高生200(160)円、中小100(80)円 ※( )内は20 名以上の団体割引

詳しくはオフィシャルサイトへ →
2016.01.16 UP
1/10〜舞台『おんすてーじ真夜中の弥次さん喜多さん』公演!
onSTAGE_yajikita.pngしりあがり寿の漫画「真夜中の弥次さん喜多さん」を原作に、舞台化!
歌、ダンス、パフォーマンスを絡めたエンターテイメント!
東京・大阪2カ所公演です。是非お越し下さい。

■『おんすてーじ真夜中の弥次さん喜多さん』

《東京公演》2016年1月10日(日)〜17日(日)
      シアターGロッソ
《大阪公演》2016年1月22日(金)〜24日(日)
      サンケイホールブリーゼ

原作漫画出版:しりあがり寿 著「真夜中の弥次さん喜多さん」マガジンハウス刊行
       しりあがり寿 著「弥次喜多inDEEP」エンターブレイン刊行
【協力】サンケイホールブリーゼ
【企画・製作】CLIE
【製作委員会】CLIE、キョードー大阪

詳しくはオフィシャルサイトで →
2016.01.10 UP
バックナンバー
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年01月
2013年12月
2013年10月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月

news トップへ