News 2018年8月
8/22〜【個展】伊勢丹新宿店にて開催
しりあがり寿展DM-2.jpg

現代アートの世界でも意欲的な活動を続けるしりあがり寿の、伊勢丹では 2 回目となる個展 を開催いたします。
ゆる和第 2 弾となる本展では、サブタイトルに “ 月と劣化 “ と題し、秋の季節、そして日本独自の無常観になぞらえた作品たちを制作しました。
「わび・さび・ゆる・ダメ」をテーマに、日本の伝統美を独自の視点でゆる〜く表現 した墨絵、屏風、木製パネルといった平面作品約 50 点、陶芸作品約 150 点を展示予定です。
しりあがり寿ならではの、どこかゆるくて笑えてしまう、新感覚のわび・さびをご体感ください!

■しりあがり寿個展『~ゆる和Ⅱ~月と劣化』
2018年8月22日(水)~28日(火)10:30~20:00 最終日18:00まで
[会場] 伊勢丹新宿店本館5Fアートギャラリー  〒160-0022 新宿区新宿 3-14-1
[入場] 無料
[作家在廊] 8/22(水)・23(木)各日15時〜18時、26(日)14時〜18時
[ライブペインティング] 8/26(日)14時〜14時半

暑い夏でした。命の輝く夏が終わりやがて秋がやってきます。
秋は命が役目をはたして枯れてゆくいわば「劣化」の季節。
がんばることも大切だけどどこかでダメを受け入れないと仕方ない。
色褪せた神社、苔むす野仏、漏電する地下鉄、痛む腰あがる息、時代遅れのシステム、廃墟、老人だらけのアパート、キレる大人、自分と自分たちをとりまく「劣化」。
すべてのものが崩壊や剥落、腐敗や溶解を経て無に帰すこの世界。
無に向かう「劣化」にはそんな自と他の対立が消え全てが調和するエクスタシーがあるのかもしれません。
またそれはワビサビはじめ日本に根づいた無常観とも近いものがあるのかもしれません。
そしてそんな「劣化」をやさしく見守る秋の月。
今回はそんな劣化やお月様から思いつくままにいろいろなものを作ってみました。
どうぞ、夏の終わりに来るべき劣化をお楽しみください。
しりあがり寿

※プレスリリース(作品写真など)を用意しております。お問合せはNODA CONTEMPORARY(担当:黒坂 / 三原 info@nodacontemporary.com 電話 052-249-3155)まで。

伊勢丹新宿店本館5Fアートギャラリー サイト →

2018.08.19 UP
バックナンバー
2018年08月
2018年07月
2018年04月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年02月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年01月
2013年12月
2013年10月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2012年12月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2011年12月
2011年10月
2011年09月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月

news トップへ